【ヘリオスシリーズ】機能紹介②

なんでも無いようなことが、幸せだったと思う編

現在、ヘリオスシリーズに使用している送信機は「双葉電子工業」というラジコン機器のトップシェアを誇る企業が製造する物を使用しております。

この送信機のシリーズは大変優秀でして、ヘリオスには全9つの独自設定を施しております。

でも・・・今回ご紹介する機能は独自設定ではなく、「セルフニュートラル」についてです。

はい、送信機中央のスティックにご注目!

スティックが真ん中に来ていますよね?この送信機はこの形が「正」なんです。

何をしなくてもスティックが中央に戻ることを「セルフニュートラル」といいます。

ヘリやラジコンをやっていた方なら違和感に感じると思いますが、通常、この様な送信機はスティックが下になっており、一番下からスティックを上に入れることで上昇させます。

しかし、マルチコプター(所謂、ドローン)の大手メーカーの送信機は大抵セルフニュートラルです。

機体を上げたいときは左スティックを上に。

機体を下げたいときは左スティックを下に。

常にセンターに戻るように裏側にはスプリングが入っており、力を緩めると自動的にニュートラル(上昇降下がゼロ)になります。

要するに、指を離しても「常に一定の位置でホバリング(空中で停止)」できる状態にしています。

なんて事ない機能ですが、実は初心者の方には非常に便利な機能であったりします。

このセルフニュートラルがない場合、少しでも上下にスティックが傾いているだけで機体が徐々に上昇下降して行きます。左指で上昇下降を制御しつつ、右指で前後左右に機体を進めることは・・・少し難しいですよね。

農家さんのことを考えた時に、「細かな動きを考えず、操作できて、右手の前後左右の動きに集中できる仕様」の結論として行き着いた結果です。

この送信機には、他にも多くの機能がありますので、それは又次の機会にご紹介したいと思います。

PAGE TOP