s512_f_business_77_2nbg[1]

【リバイバル掲載】スマート農業

この記事は2017年5月25日に掲載した記事です。

はじめの一歩

日中の日差しが厳しいですね。ドローン飛ばしていると日焼けが凄いです。

と、社内の人間が言っていました。

はい、私は外に余り出ません。出るのは日が落ちたぐらいからです。

真夏になると体力が持つのか非常に不安ですが、今年の夏は「暑い」とネットニュースに見ました。

しかしながら、平均並みとの情報もあり・・・。

ネットが発達していなかった時代には、こんなことで悩む必要もなかったはずなのに。不思議なもんです。

5月もそろそろ終わりを迎えますが、上半期終了もすぐそこ。

まだまだやること一杯なので、頑張っていきますよ。


最近ツイッターにUPされた記事に考えさせられるものがあったので、こちらでも紹介します。

まずは記事をご覧下さい → 農業へのビッグデータ

この記事はアメリカでの現在を書き起こしたものです。

アメリカは前々から農地状態・生育状況・収穫量などをデータ化し、効率よく生産できる将来を描いて

様々なデータを収集していました。

しかし、現実的には厳しい側面が見え始め、未だ効果的な運用が見出せていません。

とはいえ、10年前・20年前に比べて農業機械は進歩し、確実に労働力の軽減に繋がっているのですが・・・。

やはりまだ、人間の思い描くスマート農業には近づけていないのでしょう。

農薬散布機ドローンでも自動航行の問い合わせも多く、技術的には完成されていても

購入者が思い描く【自動航行】とはその差があるのではないかと思う次第です。

ですが、思い描く未来が来ないとは思いません。

未来とは多くの人が「こうであって欲しい」と強く願うから形になるものだと思います。

それは科学であったり、技術であったり。少なからず、農薬散布ドローンにも当てはまるのではないでしょうか。

ということで、今日はここまで。

またあした。

  1. s512_f_traffic_36_2bg[1]
  2. _c_choju8_0016_s512_choju8_0016_5
  3. s512_f_business_80_2bg[1]
  4. IMG_20170612_164516
  5. s512_f_business_58_1nbg[1]
  6. s512_f_business_80_2bg[1]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP