講習レポートin千葉-①

最大風速

お久しぶりです。東京ドローンプラスです。

あるいは、はじめまして。東京ドローンプラスです。

メンテナンスの機体がぞくぞくと入ってきています。大変です。

メンテナンスって大変ですよ。機体によってはネジを総入れ替えなんて事もありますよ。

でも来年に向けて、メンテして良かったと思えるように頑張っております。

事細かに変更することも可能です。

例えば「速度」とか。今の設定に満足できない方はお伝え下さい。

さてさて、、、触れようか、触れまいか迷いますが、「大垣 お菓子ドローン事件」について。

記事はこちら ⇒ 知ってる人も多いよね。

大垣という、20年前まで繊維産業で栄えた街で行われた「最先端技術イベント」でした。

イベントとしてはエッヂが効いてて面白いと思います。子供も多かったことでしょう。

さて、墜落原因?

そんなもん知りませんよ。なんとなく想像はしますが、墜落実験でもしない限り実証できませんし。

 

これについては【触れない】というドローン屋さんとしてどうなんだ的な姿勢で挑むのが、東京ドローンプラスです。

だって、空飛んでるのに落ちるの当たり前だしー。

反重力装置でも開発してくれりゃ解決しますけど、そんなもんないじゃないですか。

安全確保については色々あると思いますけど、踏み込んで話したところで、そこまで興味を持ってない人が多数ですしね。

でも、お菓子ロボットっていう響き的に夢があっていいですね。

「わたあめ」で空が飛べる時代がくれば、みんなほのぼのして楽しめるのに。


行って参りました。千葉県。

天候最高!!

天気はマジ卍

話変わりますけど、「マジ卍」って知ってます?

最近の若い子は使うらしいですよ。「マジ卍」(まじまんじ)と言うらしいです。

「東京ドローンプラス卍卍」(とうきょう どろーんぷらす おらおら)って読むらしいです。

どんな時に使うかって?知りません。

青空マジ卍

今回は千葉県の東金市。

62歳のドローン操縦者です。でも、非常に上手かったです。なぜならトイドローンでずっと練習していらして、満を持してのドローン操縦です。

最初はP4でドローンに慣れてもらいますよ。

GPSモードからATTIモードで徐々にコントロールしていきます。

操縦者のHさんのほうが「東京ドローンプラス」っぽい格好ですね。

こう言うのを秋空というのですかね?

今回は特別やる事無く、遊びがてらに伺った私ですが、素晴らしい景色にぼんやりしていました。

最高の講習日和。講習も上手く行き、大満足で私は帰りました。

ということで、今日はここまでで。

また次回。

PAGE TOP