講習レポートin広島-①

グーグルストリートビューで海外行った気分なれる安上がりな人です

飛行機と車で、4時間弱。緑の木々に囲まれた風景には近代建築物は似合わない。

しかし、コンビニ ポプラは映える。やはりポプラはこうでないと。

山陽地域以外の人には余り馴染みが無いと思いますが、「ポプラ」はコンビニエンスストアなのです。

何が売りかと言いますと、長年ポプラが続けている、弁当に「その場で白米を詰める」サービスです。

非常にあり難いサービスで、店員さんと仲良くなると、大盛り金額で特盛並みに詰めてくれます。

広島市の繁華街・流川のポプラは長年の経験から「大盛り」を頼むと「勝手に特盛」にしてくれます。

それは培ったノウハウなんです。それをするだけで、「おい、これが大盛りかーや(広島弁)」と文句を言ってくる人が居ないそうです。

逆に言えば、一部の方からクレームが入る恐ろしい地域です(怖)

一部の方とはどんな人か。それは言えません(怖)

これは昨今のポプラ。

その辺にある、コンビニと大して変わりません。

ポプラスペシャリスト1級の私としては、ポプラのアイデンティティを無くしてしまった、可哀想な店舗として受け止めております。

勿論、白米も詰めてくれます。(一部商品を除く)

こちらが昔ながらのポプラ。

私の中では「クラシックスタイル」と呼んでおります。

レジの下に弁当が並べられており、横長の陳列台から弁当を選ぶ様は哀愁を感じます。

このスタイルはレジ付近に行かないと商品を選べない為、付近に近寄ると、離れている店員さんはすっ飛んできます。でも、弁当を選んでいるだけなので、まだお買い上げしません。

非常に気まずい空気が流れるんです。

これぞ「ポプラ」 永遠であって欲しいコンビニです。


さ、ポプラの宣伝は止めるとして、広島に行ってきた講習風景をレポートしたいと思います。

川魚

しまった。これも講習と関係なかった。


広島県Mさん。

契約農家でお米の他に野菜や羊を家畜として飼っています。

大変、先進的な考えをお持ちで、今回ドローンの導入に至りました。

やはり、お米を作るには時間も人も掛かるので、「少しでも楽になれば」という思いからでしょう、今年よりヘリオス10で農薬散布を行います。

実は若い息子さんがいらっしゃいまして、DJI社製のドローンを飛行させた経験がお持ちでした。

なので、到着して早々にヘリオス10の飛行講習から入りました。

約3時間程度。

講習風景の1コマ。

さて、この中に東京ドローンプラスの講師がいます。

だーれが講師でしょうか?

正解は明日だメェ~。

PAGE TOP