近況

ハーベスト

そろそろ冬の過ごし方を考えないといけません。

私は千葉Laboが出来たことで、お引越しをしました。今では立派な千葉県民です。

今週は引越しをしたり、ビールを飲んだり、住民票を移したり、ビール飲んだり、免許を書き変えたり、ワイン飲んだり。

酒を飲んでばっかりですが、それもそのはず。

オクトーバーですからね。収穫祭ですよ。フェストですよ。

この前、新宿でフェストしてきました。初めて2丁目に行きましたけど、余りの異質空間に圧倒され逃げてきた自分が情けない。


そんなつまらない事より、久方ぶりにドローンについてコメントします。

ついにやりましたよ、空港周辺でドローンを飛行させ飛行機が着陸出来ず。。。

伊丹空港

やるやるとは思いましたが、ついにやりました。

悪意の有る無しに問わず、航空機が着陸できなかったという事が問題ですね。

悪意があれば、また起こる問題ですし、防止策に無駄なお金が流れます。

対応策

こういった軍事兵器が開発済みなんですね。

この兵器の廉価版を作る⇒空港でUAV飛ばす⇒営業に回る⇒売れるww

もう自作自演で空港周辺で飛ばしまくって、売り込むしかありませんね。


バードストライク

同じ空港繋がりでこういった話も良く聞きます。

ドローンに鳥がぶつかるよというのはありえる話で、今回は良心的な操縦者だったので国交省にご報告されたのでしょう。

ネットを見てみますと、鳥がドローンにぶつかって可愛そう・・・。という大変素晴らしい、動物賛美の声が聞こえてきました。

国土交通省の発表する航空機バードストライクデータによりますと、2016年は1626件の鳥衝突がありました。

よっぽどか飛行機の方が鳥を・・・・。いや止めとこ。でもまさに木を見て森を見ず状態ですね。

どうやら航空機におけるバードストライクは進入・着陸滑走・離陸滑走・上昇で全体の8割を超えるようです。

ドローンの場合はホバリング状態や低速での移動が中心なので、鳥のほうから突っ込まれることも多いのでは無いでしょうか。

まぁどうであれ、周辺に鳥が多いようであればそう言った事故が起こるかもしれないと言う危機意識を持って操縦にあって頂ければいいのでないでしょうか。

というところで、今日はここまで。

また次回。

PAGE TOP