ドローンメディア

農薬散布用ドローンを導入するメリットとは?従来の方法と比較してみた!

日本全体で少子高齢化が進む中、農業従事者の高齢化も加速しています。
そのような状況下で、「いかに効率化を進めるか」というのは農業における大きな課題です。

現在、ドローンの発展により、様々な領域でドローンが活用され、効率化が進んでいます。

今回は、毎年の農薬散布時の大きな負担を、軽減する農薬散布ドローンと、その導入にどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

農薬散布にかかるコストを削減できる


農薬散布用ドローンにも様々な種類がありますが、特に実用的なものとして、農薬散布に特化したドローンがあります。

農薬散布用のドローンの機体は本体価格で、平均100〜250万円ほどとなっております。

従来の農薬散布は、小型ヘリコプターを使った散布、もしくは厚い防護服を着ての散布が主流でした。

農薬散布に使う小型ヘリコプターの利用には、購入すると1000万円以上ものコストがかかり、自身での導入が難しく、レンタルや散布請負を依頼する農家さんも多くいらっしゃいました。

しかし、毎年巨額の固定費がかかるため、大きな負担がかかってしまいます。

また農家さん自身で行う散布も、夏の暑い中、重たい散布機を背負い広い農地を散布して回るため身体への負担が尋常ではありません。

農薬散布用ドローンの場合、導入時にかかるコストが100〜250万円で、農薬散布の効率化に取り組んでいただけるようになります。

導入時のコストダウンだけでなく、導入後の効率性が大きく改善されます。

農薬散布用ドローンによる作業の効率化


先の章では、農薬散布ドローンが大きなコストダウンに繋がることを説明いたしました。

ここでは、農薬散布用ドローンの効率性について説明いたします。

以下の表は、一般的な小型ヘリコプターと当社の「ヘリオスアグリ 10」とを比較した表です。

” “ 散布時間(1ha) 散布量(1ha) 必要人数
小型ヘリ 約6分間 8〜10L 4〜5人
ドローン 約10分間 約10L 3人

無人小型ヘリコプターを利用した水稲への散布の場合、1haを約6分間で散布し、およそ8〜10Lの農薬を散布することができます。

ヘリオスアグリ10では、1haを約8分で散布し、10Lの農薬を散布することができます。

小型ヘリコプターの利点としては、一度に散布できる量が多く、長時間飛行できることが挙げられます。

デメリットとしては、大きく重たいため、必要人数が増えてしまうことと、ガソリンを使用する点です。

ヘリオスアグリ10は、大人が3人いれば充分に使用していただけます。

準備時間や必要人数を考慮すると、農薬散布用ドローン「ヘリオスアグリ10」の方がより手軽に散布していただけます。

また、飛行時間に関してですが、複数のバッテリーを用意していただくことで、再度フライトが可能です。

バッテリーの取り扱いには注意が必要ですが、従来の小型ヘリコプターに比べ、操作性・安全性ともに優れております。

おすすめの農薬散布用ドローン


東京ドローンプラスでは、農薬散布に特化したドローンにいち早く注目し、農家の方々が抱えていた問題を解決すべく、ドローンの開発に努めてきました。

ヘリオスアグリ10は、従来の農薬散布をより手軽に、適時防除できるような製品です。

価格も、購入後すぐに散布可能な一式をセットで92万円(税別)と設定しております。

コスト、性能ともに、革新的な製品となっております。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

ヘリコプター利用による高額なコスト、炎天下で厚い防護服を着ての作業。

従来の農薬散布における課題が、ドローンによって解決できます。

この機会に是非、ドローンによる農薬散布を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

PAGE TOP