ドローンメディア

ドローンスクール第1期修了!

東京ドローンプラスが運営する、ドローンスクール第1期が無事修了しました!

そこで、今回は受講の雰囲気と合わせて、ドローンスクールの内容について、ご紹介したいと思います。

講習レポート第一弾!

一日目 ~午前~

座学


ドローンの概論や、法律、運用などについて講習を行います。

中でも、ドローンの法律は航空法だけではなく、さまざまな法律が関わってくるので、実際の事例などをご紹介し、具体的に受講生さんへお伝えいたします。

また、弊社は農薬散布ドローンのメーカーですので、ドローンの構造・飛行原理などをしっかり勉強していただけます。

最後に座学テストを受けていただき、座学は修了です。

ドローンの基礎知識はこちら!

一日目 ~午後~


午後からは、実際にドローンのフライト練習を行います。

まずは、フライト前・フライト中・フライト後、こちらのチェックを正しく行う方法から学んでいただきます。

どのドローンも共通ですが、フライト前の確認は非常に重要です。

フライト前に、プロペラ、バッテリー、送信機の電池、安全確認、いずれかを見落として、痛い目を見た方は少なくないと思います。

チェック項目をふまえながら、ドローンの基礎練習を行います。

ホバリング、前後移動などまずはドローンの操縦感覚を掴んでいただきます。

意外に、ただ真っすぐ飛ばすことだけでも慣れるまでは難しく、まずは基本操作を1日目で習得します。

 

二日目 ~午前~

 

2日目は、1日目の基礎練習の応用を行います。

機首を回転させて、側面や対面でのフライト練習や、8の字を描くようなフライトを行います。

前進と回転を同時に行う操縦などは、スティック操作に慣れるまで少し時間がかかりますが、コツをつかむとスムーズな操縦ができるようになります。

二日目 ~午後~

 

ここでお待ちかねの農薬散布ドローン講習です。

練習でフライトしていたphantomという機体と違って、サイズ感が異なりますので、最初は怖いと思いますが、操縦は一緒なので、受講生の皆さんもすぐフライトできるようになりました。

フライト前にチェックする部分などは、産業用ドローンになるとすこし違ったりするので、確認することの大切さにも気付いていただけます。

やはり産業用ドローンに触れられるのが、当スクールの特徴です!

講習で使用するヘリオスアグリについてはこちら

ヘリオスアグリ5の製品詳細
ヘリオスアグリ10の製品詳細

2日目~午後②~

 

そして、実技テストです。

この2日間練習した内容でテストを行います。

テストに不合格になっても、別日で試験の対応など可能ですので、安心して受講ください!

今回の受講生様は、2日間コースでしたので、以上の内容でご受講いただき、無事合格となりました!

お疲れ様でした!!

また、農薬散布コースでお申し込みいただいた方は、さらにもう1日弊社のヘリオスアグリで、農薬散布の実践練習を行います。

詳しくは、下記URLより詳細をご確認ください。

HUMEドローン技能認定-農薬散布講習

それでは!!

関連記事一覧

PAGE TOP