ドローンメディア

日本独自の暦 「雑節」って知ってる?

雑節とは、五節句や二十四節句以外の節目であり、二十四節気を補う意味合いを持った移り変わりの目安です。

二十四節気は中国で作られた暦であるため、日本の農業に合わせた日本独自の暦が生まれました。

そんな日本の先人たちの知識と経験が詰まったものが雑節となります。

現在は環境変動もあり、雨量や気温などが変わっているものの、雑節を知っておくと日本の大まかな気候変動が分かります。

国立天文台によると、1年におよそ11日、雑節として気候の変わり目があります。

本年度であれば、右のような日にちになります。

(出所:国立天文台暦計算室より)

それぞれの名称の由来や詳細は後に説明します。

二十四節気とは?


二十四節気は、古代中国の太陰暦を使用していた時代に季節を表すための工夫として考え出されたものです。

現在の気候とは多少ズレを感じますが、聞き馴染みのある立春や冬至など、季節の節目を示す言葉が使われています。

成り立ちとしては、太陽の動きを基に、太陽が移動する天球上の道(黄道)を24等分したものになります。

分け方は以下の4ステップになります。

  1. 夏至と冬至の二至で区分する
  2. 春分と秋分の二分で区分する
  3. それぞれの中間に立春・立夏・立秋・立冬の四立を入れて八節にする
  4. 一節をおよそ45日とし、3等分する。

4ステップ目をさらに5日ずつに3等分すると、七十二侯になります。

下図を見ると分かりますが、立春が2月、立夏から立秋までが5月から8月になっていたりします。

(出所:国立天文台暦計算室より)

現在と過去とで、気候も気温感覚が全然違ったことが分かります。

雑節の節目


雑節の主な節目について紹介していきます。

節分

おそらく最も有名なのは節分でしょう。

節分は本来、立春や立夏などの前日のことを指し、年に4回あります。

旧暦においては春から新しい年が始まるため、立春前日の節分が大晦日に相当し、現在でも節分といえば2月頭を指す言葉になりました。

八十八夜

立春から数えて88日目が、春から夏に移る節目の日とされています。

この日は、種まきの目安となっており、五穀豊穣を願う特別な日ともされています。

入梅

芒種から6日ほど経った頃が、梅雨入りを表す入梅とされています。

この日から約30日間が梅雨の期間となり、梅雨の時期を知り田植えの日を決めることなどの目安とされました。

半夏生

夏至から数えて11日目の日から、七夕頃までの5日間を指し、梅雨明けを示しています。

この日までに田植えを終わらせる目安ともなっており、半夏生までに終わらせないと毒が入る話や、農作業をすると妖怪が徘徊するという話などもあるようです。

土用

立春、立夏、立秋、立冬前の18日間を土用と言います。

季節の変わり目に土用があるのですが、夏の土用が梅雨明けと重なるため、土用といえば夏になりました。

この期間は田んぼに水を入れず、土を割れた状態にすることで、雑菌の繁殖などを抑えます。

彼岸

彼岸には、春と秋の2つがあります。

春分と秋分の前後3日間を合わせた一週間をまとめて彼岸と言います。

二百十日

立春から数えて210日目。

この時期は稲が開花・結実する大事な時ですが、台風が襲来する時期でもあるため、厄日ともされています。

台風の目安であるため、農家だけでなく漁師にとっても大切な目安となっていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は日本の農業にも関わりの深い雑節、それの一部基準とも言える二十四節気について紹介しました。

梅雨入りの目安や台風の多い時期など、現在でも参考になる節目もあります。

カレンダーに書かれた節目を見て、季節や気候変化など感じる一助になればと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP